母音による僅かな影響|姓名判断はただの占いではなく統計哲学と言われる凄いものだった!
カラーペンを持っている女性

母音による僅かな影響

おみくじ

自分の名前は毎日の生活で何度も耳にする言葉ですよね。

名前は、挨拶の時に楽しげに声をかけられたり、小さなイタズラをした時に怒られながら言われたり、大好きな恋人に優しくささやかれたり、大切な場面で話す相手から感情をこめて伝えられる大切なものです。
24時間、365日、何年もの間伝わるその言葉、実は音感がわずかに違うだけでも、その人に与える影響は大きいとも言われています。

そしてその言葉の音感を取り入れた名づけ方法が姓名判断占いです。
音や声は耳から脳に伝わり、それが情報として脳に蓄積されていきます。

この時、あ・い・う・え・おの母音の違いによって微妙な影響の違いが出るといわれています。
あには透明無垢、いには少し強い鋭さ、うには穏やかで優しい印象、えは少し強く、おには優しさ、といった影響を聞く側に与えると考えられています。

特に姓名の名前に当たる部分は、赤ちゃんから成人、おじいちゃんおばあちゃんになるまでずっと耳に入る言葉ですので、その人自身の心や性格を作る、とても重要な部分です。

姓名判断占いでは名前に当たる部分を外格といいますが、この外格の運気が良いと、その人自身の性格だけではなく、周りの環境や仕事運、家庭運にも大きな影響を与えます。
赤ちゃんのお名前を付ける際は、優しい子に育って欲しいのか、それとも逆境を跳ね除ける強い子供に育って欲しいのかなど、母音に注目して姓名判断占いをしてみるのも良いかもしれませんね。
占いはあまり信じないという方でも、お名前付けに迷った際、参考程度に気軽に利用してみてはいかがでしょうか。