赤ちゃんはみんなを幸せに|姓名判断はただの占いではなく統計哲学と言われる凄いものだった!
カラーペンを持っている女性

赤ちゃんはみんなを幸せに

水晶玉

可愛い赤ちゃんの笑顔は、パパ、ママ、おじいちゃんおばあちゃん、ご近所さんまでを幸せな気持ちでいっぱいにしてくれますよね。
そんな可愛い赤ちゃんに、パパ、ママが最初に送るプレゼントの一つといえば、赤ちゃんのお名前ではないでしょうか。

産まれて来てくれてありがとう、元気に育ってね、優しい子に育ってね、と赤ちゃんへ送られるお名前には、その一つ一つにたくさんの愛情が込められています。
そんな素敵なお名前を決める時、赤ちゃんの将来をより豊かにしてくれるよう、ちょっとしたヒントになってくれるのが姓名判断です。

姓名判断は日本で古くから使われている、伝統的な姓名鑑定で、姓名の画数から、赤ちゃんの総合的な運、元になる人格、子供の頃の運、家族や対人関係運、晩年の運の5つを占うことができます。

経験に基づいた占いですので、姓名判断を重視したお名前付けをされるパパ、ママも多いです。
占いは余り信じていないという方でも、候補に挙げた幾つかのお名前の中から厳選するためや、使いたい漢字に迷った時の目安にするなどして、幅広く利用されています。

また、赤ちゃんをお向かえする準備は意外と大変。
特にママは大きなお腹を抱えて仕事や家事をこなしながらの準備ですから、お名前選びが後回しになってしまう事もあるかもしれません。
そんな時に、パパが仕事の合間に姓名判断で画数を調べ、赤ちゃんのお名前を一緒に考えてくれれば、初めての経験で不安になっているママもきっと心強く感じてくれると思います。

もちろん姓名判断が全てではありませんが、後悔しないお名前選びへの一つの指針として利用するのには、とても便利な占いですよね。